円満な遺産分割の解決をご希望の方へ

円満な遺産分割をご希望の方へ

・遺産がどのくらいあるかわからないので、自分の取り分がどれくらいあるか知りたい
・家族や親せきみんなが納得いく遺産の分け方を検討したい
・遺産分割で家族や兄弟の仲を悪くしたくない
・遺産分割に納得していない相続人がいるが、できるだけ穏便に終わらせたい
・知らない相続人がいる、遠方で会えない相続人がいる、自分の仕事が忙しいため自分で動けないなど、遺産分割を自力で進めるのが難しい

以上のようなことでお困りの方は、できるだけ早めに適切な措置をとらないと、より複雑な相続トラブルに発展する可能性があります。

当事務所の弁護士は、解決事例100件以上の経験から、遺産分割によって引き起こされる相続トラブルが家族関係の悪化や相続手続の長期化を招いている現実を知っております。

例えば、遺産分割がまとまらず、遺産分割調停まで発展した場合、下記のような状態になってしまいます。

 

・感情的な対立が残り、法要の案内を出さずそれぞれ別で執り行うようになった
・不動産を含め多数の遺産があったので、話し合いがまとまるまで5年くらいかかった
・山林や田や畑など誰も取得したがらない不動産をどうするかでもめた
・遺産の使い込みの有無及びいくらを対象とするかでもめた

 

当事務所では、ご依頼者が穏便な解決をご希望であれば、調停・審判といった裁判所に出向いて解決する方法ではなく、相手方との交渉による解決を第一とし、可能な限りご依頼者様の希望を実現できるように努め、早期に解決に導くサポートをさせていただきます。

解決事例

相談内容

相談者の叔母(母の妹)が亡くなり、相談者は預貯金を相続しました。総遺産額は約7500万円ありました。

相続人は多数存在していますが、相談者は、叔母とは昭和25年くらいから同居し、扶養家族として扶養、月5万円の手間賃を相談者の家業の手伝いとして叔母に支払っていくと共に、高齢になった後は、叔母の高額の医療費負担や日常の生活費負担をしていました。

相談者は、当事務所の弁護士に円満に遺産分割を終えられないかご相談いただき、ご依頼されました。

当事務所の対応

当事務所の対応として、寄与の実態を具体的に主張し、寄与分を約2割で算出し、各遺産の明細を証拠と共にお送りして、各相続人にその賛否を問うたところ、どの相続人からも異議はなく、円満に遺産分割協議をすることができました。

相談者からは、自己のお世話が金銭的に評価され、親戚にあたる相続人間で何のトラブルもなく円満に終了されたことで感謝されてました。

解決事例

このように、遺産分割でお困りの方は、お早目に弁護士に相談いただくことで、相続や遺産分割問題が、円満にかつ早期に解決につながります。

弁護士への30分無料相談のお申し込みはお電話またはメールで受け付けしております。

お気軽にお申込みください。

お電話での無料相談予約はこちら

遺産分割協議サポートについて

当事務所での遺産分割協議サポートは、下記を全て含めて提供しております。

遺産分割協議サポートに

含まれるサービス

サポート内容の詳細
遺産分割協議案の提案 ご依頼者との相談内容と各相続人の相続分を基に、

遺産分割協議の内容をご提案いたします。

遺産分割協議のアドバイス ご依頼者様の望まれる遺産分割問題の解決に導くために協議の適切な進め方をアドバイスいたします。
遺産分割交渉代理 ご依頼者様が遺産分割協議をご自身で進めること

が難しい場合は、弁護士が交渉を代理いたします。

遺産分割協議書の作成代行 協議がまとまった場合、遺産分割協議書の作成を

代行いたします。

遺産分割協議書の受領及び確認 全ての相続人から遺産分割協議書の受領と実印の

押印等がされているか確認いたします。

弁護士費用についてくわしくはこちら>>

 

弁護士による相続の無料相談実施中!

長崎の相続に強い弁護士、弁護士法人ユスティティア森本綜合法律事務所では、初回相談30分無料でございます。

「遺産分割でトラブルになってしまった」

「不安なので相続手続きをおまかせしたい」

「子どもを困らせないために生前対策をしたい」

などのニーズに、相続専門の弁護士がお応えいたします。

お気軽にご相談ください。

相談予約は下記の電話番号よりお申し込みください。

〇長崎市周辺にお住まいの方:長崎事務所にお電話ください
TEL:095-801-1040
〇諫早市・大村市周辺にお住まいの方:諫早事務所にお電話ください
TEL:0957-22-8100
〇島原市・雲仙市・南島原市周辺にお住まいの方:島原事務所にお電話ください
TEL:0957-73-9980

 

 

当事務所によくお問い合わせいただく相談内容

遺産分割 遺留分遺言作成

この記事を担当した弁護士

弁護士法人ユスティティア 森本綜合法律事務所

所長弁護士 森本 精一

専門分野

相続、離婚など家事事件、交通事故被害者救済、企業法務

経歴

昭和60年に中央大学を卒業、昭和63年司法試験合格。平成3年に弁護士登録。

平成6年11月に長崎弁護士会に登録、森本精一法律事務所(現弁護士法人ユスティティア 森本綜合法律事務所)を開業。長崎県弁護士会の常議員や刑事弁護委員会委員長、綱紀委員会委員を歴任。平成23年から平成24年まで長崎県弁護士会会長、九州弁護士会連合会常務理事、日弁連理事を務める。平成25年に弁護士法人ユスティティアを設立し現在に至る。

現在も、日弁連業務委員会委員や長崎県弁護士協同組合理事などの弁護士会会務、諫早市情報公開審査委員委員長などの公務を務めており、長崎県の地域貢献に積極的な弁護士として活動している。

相続問題解決実績は地域でもトップレベルの300件を超える。弁護士歴20年以上の経験から、依頼者への親身な対応が非常に評判となっている。

詳しい弁護士紹介はこちら>>